東京・明治神宮にてお赤飯が無料提供!11月23日に数量限定で実施されます!!(お得な情報・明治神宮・お赤飯の日)

この記事では,一般社団法人「赤飯文化啓発協会」が例年11月23日に実施しているお赤飯の無料提供イベントについて紹介します.

entry-54_01.jpg
※画像は赤飯文化啓発協会公式サイトより.



11月23日は「お赤飯の日」!
お赤飯の日を記念して,明治神宮にて
お赤飯が無料提供されます!!



お赤飯の日について...(参考:赤飯文化啓発協会公式サイトより)ー
 11月23日は『お赤飯の日』です.
 その昔11月23日には皇極天皇の時代より新嘗祭(にいなめさい)に,お赤飯のルーツでもある赤米などの五穀をその年の収穫に感謝の気持ちを込めて奉納していました.
また,この日は勤労感謝の日であり,日頃の感謝の気持ちを込めてお赤飯を送って欲しい,食べて欲しいとの気持ちを込めてお赤飯の日と制定されました.
 コンビニエンスストアや全国各地のスーパー,多くの和菓子屋さんでお赤飯を使った様々な商品の販売や小冊子の配布を予定しています.
 皆さんも日ごろお世話になったあの人や,毎日頑張っている自分自身に感謝の気持ちを込めてお赤飯を送ってはいかがでしょうか.

entry-54_02.jpg
※画像は赤飯文化啓発協会公式サイトより.

お赤飯の歴史...(参考:赤飯文化啓発協会公式サイトより)ー
 お赤飯を調べてみると,その昔は小豆やささげを入れたご飯ではなく赤米を蒸したものだったようです.
赤米とは縄文時代に初めて中国大陸から日本に伝わってきたお米(インディカ種)で,炊きあがるとちょうどお赤飯のような色をしています.
日本では古くから赤い色には邪気を祓う力があると考えられており,加えてお米が高級な食べ物であったことから神様に赤米を炊いて供える風習があったようです.
 庶民の多くは赤米を江戸時代になる前頃まで食べていましたが,稲作技術の発展による品種改良で味が良く収量が安定する現在のお米(ジャポニカ種)に変わってきました.
しかし赤い色のご飯を供える風習は根強く残っていたので,代用品として白いお米を小豆で色付けしたものがお赤飯(あるいは小豆飯)として江戸時代中期の頃に広まったと考えられます.また江戸病とも言われたビタミンB1の不足による脚気を予防するために,お赤飯や小豆飯を頻繁に食したようです.
 このように当時から庶民の間に健康に良いとされていたことも,お赤飯が広まり現代まで残った理由の一つと考えられます.
 余談ですが,江戸後期の井原西鶴「好色一代女」の中にも
「大重箱に南天を敷き、赤飯山のやうに詰めて…」
とあり,当時からお赤飯と南天はセットだったようです.

entry-54_03.jpg
※画像は赤飯文化啓発協会公式サイトより.



〜キャンペーン概要〜
実施日程:2018年11月23日(金)(1)11:00~/(2)14:00~
実施場所:明治神宮 参道 フォレストテラス明治神宮(旧 明治神宮文化館)脇
頒布数量:各1,000食(計2,000食)



お時間のある方はぜひお見逃しなく!!

↓赤飯文化啓発協会公式サイトはコチラ↓
関連記事

コメント

非公開コメント

yuruyuruhimajin -ゆるゆるひまじん-

2017年12月1日(金)
ゆるゆるひまじんブログがスタート!
まだまだ訪問者は少ないですが頑張って更新していきます!!

スマートフォンで見る

下のQRコードからスマートフォン版にアクセス!
QR

ブログ内検索

お知らせ(公式Twitter)

応援お願いします!

ブロとも申請フォーム

お問い合わせフォーム

このブログの記事についてのお問い合わせはこちらからお願いします.

名前:
メール:
件名:
本文:

返信はyuruyuruhimajin●yahoo.co.jp(●→@) からします.諸事情により返信できない場合もありますのでご了承ください.

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数