映画『ジオストーム』の感想(レビュー)...非常に楽しめたサイエンスフィクション!先行試写会(先行上映)で観てきました!

この記事では,映画『ジオストーム』(Geostorm)を観た上での個人的な感想となどについて書いています.
この映画は2017年にアメリカ合衆国で公開された,自然災害に関する映画です.日本での公開は2018年1月19日(金曜日)です.この記事の執筆時では公開日がまだ先なのですが,先行試写会で一足先に観てきました.タイトルにもあるのですが,この映画は個人的には非常に楽しめました.注意点としては多少ネタバレが含まれていることをご了承下さい.文字数は2,000字以上あります.
誤字脱字を発見された方は連絡していただければ助かります.
※本記事で使用している画像は,ワーナーブラザーズのYouTube公式チャンネルにアップロードされている「映画『ジオストーム』本予告【HD】2018年1月19日(金)公開」から借用したものです.
このYouTube動画は記事中でも紹介しております.

entry-33_01.jpg


→【Amazonプライムビデオを無料体験!】←


〜あらすじ〜
 西暦2019年.災害史に残るような大規模の自然災害が多数発生した後,18カ国が共同で,国際気象宇宙ステーション(ICSS)を中心に気象をコントロールするための人工衛星を張り巡らせた防衛システムを構築した.

entry-33_02.png 

その防衛システムの名は「ダッチボーイ」.

entry-33_03.png  

 システムの総責任者であるジェイク・ローソンは,国際色豊かなスタッフ陣を総動員して地球の監視を行っていた.そんなある日,ジェイクはアメリカ合衆国上院の査問会に呼び出され,ダッチボーイの管理者としての資質に欠けるのではないかという疑念を向けられた.ジェイクは激怒し,あろうことか査問会の議長を務めるトーマス・クロス(バージニア州知事)を罵倒してしまった.このことが査問会のメンバーの不興を買い,ジェイクは責任者の地位をおろされ,その後任には弟のマックス・ローソンが起用された.

entry-33_04.png 

 時が流れ西暦2022年.アフガニスタンで一つの村が村人ごと凍り付いてしまうという事件が発生した.国連の調査隊が現地に派遣されたが原因の特定には至れなかった.事態を重く見たアンドリュー・パルマ(アメリカ合衆国大統領)は内閣の緊急会合を開催し,この会合でアフガニスタンでの一件の原因は気象コントロール衛星の不具合によるものだと説明された.現在ICSSを管理しているのはアメリカ合衆国であったため,事件の詳細が明るみになれば諸外国から責任を追及されるのは火を見るよりも明らかであった.そこでパルマはICSSの管理権がアメリカ合衆国から国連に移る2週間後まで詳細を隠蔽することを決断した.これを聞いたマックスは憤慨し「できるだけ早く過失を認めて不具合の修正を行うべきだ。手遅れになったらどうするのか。」と主張した.マックスの言うことは尤もであったため,パルマはICSSに追加の人員を一人だけ送ることにした.デッコム国務長官の薦めもあり,最終的にマックスはジェイクをICSSへ連れて行くことに....

entry-33_05.pngentry-33_06.png




一応サイエンスフィクションなんですが,結構現実味もある感じで(いつか本当にこの映画のように気象をコントロールする衛星が出てきそう)面白かったと思います.
また程よくアクションが取り入れられており,その点も高評価でした.
国際色豊かな場面設定も良かったと思います.個人的にはこの映画のように様々な国の人たちが協力して何かをするという内容のものは結構気に入っています.
唯一気になった点としては,爆発とかのシーンが多すぎて途中で疲れちゃったってことくらいですね.
どうでもいいですが日本は被害に遭って終わりでした(最後あたりでもう一度登場して欲しかった).
ですが話の展開がなかなか面白く,(↓ネタバレちょっと含みます↓)
まさか犯人がそんな人物だったとは・・・!」「え?このタイミングでまさか違う人だったってことがわかるのか・・・!」という感じで,観ていて飽きなかったです.
ただ,序盤のアフガニスタンで一つの村が村人ごと凍り付いてしまうという事件で,凍った人の腕を触ったらあっさりと折れてしまうシーンはかなりびっくりしました.トラウマになりそうです...


以下,画像つきで色々と感想を書いていきます.
というか,サラ・ウィルソンがかっこよすぎましたね!!!
(いきなり笑)
entry-33_07.png 

もう,本当にこれに尽きます.
大統領SPという職業.強い.
こういう強い女性は本当にかっこいいです.多分この映画の中で一番印象に残ってます笑
全然関係ないのですが,鋼の錬金術師のリザ・ホークアイを思い出しました.

あと,個人的に大統領がかっこよかったです.

entry-33_08.png 

上の画像の左の人物です.ちょっとこの画像だと写りが悪く見えなくもないですが...笑

ちょっとネタバレになってしまうのですが,マックス・ローソンの,台湾にいる友人のダニエル・ウーが途中でいなくなってしまったのは結構残念でした.
彼にはもっと活躍して欲しかったです.


→【Amazonプライムビデオを無料体験!】←


それと,(画像はないのですが)最後に主人公を助けに来たメキシコ人の方が主人公に感謝されて,これに対して言った
「メキシコに感謝を!」(うる覚えなので国名とかちょっと違うかも)
というセリフがかなり印象的でした.
別にメキシコに親近感が湧いたという訳ではないのですが(逆に親近感がないという訳でもないですが),
この記事の途中でも書いたように,個人的にはこの映画のように様々な国の人たちが協力して何かをするという内容のものは結構気に入っていて,この視点から見ると,
主人公の感謝に対してあのようなセリフを言う,このシーンは一番のお気に入りポイントでした.

entry-33_09.png 

映画の冒頭に登場した,本作のストーリに殆ど影響しない女の子(ジェイク・ローソンの娘さん)が最後の場面を締めたのには色々と考えさせられますね.

entry-33_10.png 

「なんで彼女が?」という疑問もありますが,それよりもこの第三者視点というのがこの映画では隠れた大事なファクターなのかな,という気もしてきます.
最後で「過去は変えられない.だから未来を見ていく」(うる覚えなのでちょっと違うかも)といったセリフが出てくるのですが,このセリフを彼女がいうことに意味があったと思います.





日本での公開は2018年1月19日(金曜日)です!
誰にでも非常にオススメできる作品です!
関連記事

コメント

非公開コメント

yuruyuruhimajin -ゆるゆるひまじん-

2017年12月1日(金)
ゆるゆるひまじんブログがスタート!
まだまだ訪問者は少ないですが頑張って更新していきます!!

スマートフォンで見る

下のQRコードからスマートフォン版にアクセス!
QR

ブログ内検索

お知らせ(公式Twitter)

応援お願いします!

ブロとも申請フォーム

お問い合わせフォーム

このブログの記事についてのお問い合わせはこちらからお願いします.

名前:
メール:
件名:
本文:

返信はyuruyuruhimajin●yahoo.co.jp(●→@) からします.諸事情により返信できない場合もありますのでご了承ください.

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

訪問者数